納豆の驚くべき効果効能とアレンジレシピ

タグ: , , 2020/5/9

 日本の伝統的な発酵食品のひとつであり、食生活にも身近な食品「納豆」。

今回は、納豆の健康への効果効能と納豆のアレンジレシピについてご紹介します。





・今すぐ読みたい→
高血圧予防には血管を丈夫にする「サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ」が合言葉! https://cocokara-next.com/food_and_diet/high-blood-pressure-prevention/

納豆について

一般的にごはんといっしょに食べることで馴染み深い納豆は糸引き納豆と言い、蒸した大豆に納豆菌を加えたものです。

他にも納豆と呼ばれるものは、お菓子で豆を砂糖で煮詰めた甘納豆、大豆と小麦を一緒に塩水に漬けこんで熟成させて作る寺納豆の二種類があります。

納豆の効果効能

納豆の中にある、納豆菌が大豆を分解して作られる酵素納豆キナーゼは、血液中の血栓をできにくくする血栓溶解作用を持つと言われています。

また、納豆に多いビタミンB2はエネルギー代謝や細胞の再生に関わるビタミンとされています。特に脂質を多く摂る人は、エネルギー代謝に必要なビタミンB2が不足しがちになるとされているため、納豆を食べることが不足を補うことに有効であるそうです。

納豆を活用したアレンジレシピ


『納豆キムチスパゲティ』

【材料(2人分)】
スパゲティ…160g
納豆…1/2パック(約50g)
白菜キムチ…60g
しらす干し…大さじ3
万能ねぎ…2本
塩…大さじ1と1/2~2
ごま油…大さじ2
しょうゆ…大さじ1

【作り方】
①大きめの鍋に湯3~4リットルを沸かし、塩大さじ1と1/2~2を加えて、スパゲティを袋の表示時間どおりにゆで始める。納豆は粗く刻む。キムチは幅1cmに切る。万能ねぎは小口切りにする。

②ボールに納豆、キムチ、しらす干し、ごま油大さじ2、しょうゆ小さじ1を入れて、よく混ぜ合わせる。

③スパゲティが茹で上がったら、ざるに上げて湯を切り、器に盛る。②をのせて万能ねぎを散らす。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧