栄養士おすすめ!夏の疲れた胃腸にやさしい簡単レシピ

タグ: , , 2020/8/14

 暑い日が続くと体調を崩しがちになる方も多いですよね。夏は冷房と外気温の差で自律神経のバランスが乱れ、消化機能が低下してしまい食欲も落ちやすいもの。合わせて、屋外で日光を浴びる機会が多い方や、暑さで寝苦しさがありすっきり眠れていない方は、疲労がたまりやすく、体力や免疫が落ちてしまうことも。暑い時は冷たいものをとりすぎてしまいがちですが、時には消化の良い食事を選んで胃腸をいたわってあげてくださいね。あすけん栄養士が、疲れた胃腸にやさしいレシピを3つご紹介します。

サラリと食べられるのがうれしい「中華がゆ」


消化によい食事といえば、何といっても「おかゆ」。普通の「白がゆ」や「卵がゆ」も良いですが、「中華がゆ」なら夏でもサラリと食べられておすすめです。
鶏肉の中でもむね肉は、脂身が少ないため消化によく、高タンパクなので食欲不振の時も栄養を補えるのがうれしいですね。また、鶏むね肉にはイミダペプチドという栄養が豊富で、イミダペプチドを摂取することで疲労感の改善作用がみられたという報告(※)があるので、夏の疲れたカラダにぴったりの食材ですね。

《材料》(1人分)
・ごはん 1膳分 (150~200g程度)
・鶏むね肉 60g (唐揚げサイズ2切れ分)
・しょうが 1かけ
・酒 小さじ1
・水 300cc
・薄口しょうゆ 小さじ1
・塩 少々
・青ねぎ 少々
・(お好みで)ごま油 少々

《作り方》
1.鶏むね肉は細長く切るかこま切れにする。しょうがはみじん切り(チューブで代用可)。青ねぎは小口切り。
2.鍋に鶏むね肉、しょうが、酒、水を入れて火にかける(中火)。沸騰したら火を弱め、鶏肉はいったん取り出しておく。
3.アクを取り除いてからご飯をいれてほぐす。かき混ぜながら5~10分ほど煮て、好みのやわらかさにする。
4.鶏肉を戻し入れ、火が通ったら薄口しょうゆ、塩で味を整える。
5.器に盛り、青ねぎを散らして出来上がり。お好みでごま油をたらす。





《ポイント》
鶏肉を水から炊くことで鶏の旨味がしっかりと出ますが、物足りない方は鶏ガラスープの素をひとつまみ足してくださいね。また、鶏肉をいったん取り出すことで、硬くなりすぎるのを防ぎ、消化にもやさしい仕上がりになりますよ。しょうがを入れることで、食欲増進や消化促進効果が期待できます。アレンジで卵を入れても栄養価がアップしますよ。

・今すぐ読みたい→
10キロ痩せたい!1か月でダイエットを成功させるおすすめ方法4選 https://cocokara-next.com/food_and_diet/success-of-the-diet-in-one-month/

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧