お酒を飲むと太る?アルコールとの上手な付き合い方

タグ: , 2019/4/12

 お花見やバーベキュー、歓送迎会やパーティー、職場の飲み会など、お酒を飲む機会は年中ありますよね。皆さん、お酒は何を選んでいるでしょうか?

「お酒は太る!」というイメージが強いと思いますが、今回は、体脂肪を増やさず上手にお酒と付き合える、2つのポイントをお伝えしたいと思います。

その前に、理由を知る事がより良い習慣への第1歩。

まずは、「お酒を飲むとなぜ太るか」について知っておきましょう。

お酒を飲むとなぜ太るのか


 実はお酒に含まれるアルコールは体脂肪には変換されません。体内に入ると速やかに肝臓で分解され、「血流促進、体温上昇」などで消費されます。

太る原因は、「アルコール飲料に含まれる糖質orアルコールと一緒に摂取した食事orその両方」です。アルコールには、ビタミン・ミネラル・タンパク質・脂質など、身体にとって有益に働く栄養は含まれません。なので肝臓で1番最初に分解され、体外に排出しようと身体が反応します。

すると肝臓に負担がかかり、その後入って来たおつまみなどのお食事がエネルギーや身体の元にならずに、体脂肪として蓄えられてしまうという訳ですね。

・合わせて読みたい→
ダイエット中の飲み会に朗報!おすすめの居酒屋メニュー(https://cocokara-next.com/food_and_diet/recommended-izakaya-menu-tt/)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧