知って得する!チョコレートに含まれるカラダ良い成分とは?

タグ: , , 2019/1/25

 チョコレートは、アフリカ・ブラジルなどの熱帯地域で栽培されているカカオの木の実の中の「カカオ豆」から出来ます。「カカオ豆」は15~20%が食物繊維でこの豆そのものは甘くなく、逆に苦いのです。私たちが普段食べているチョコレートにはどのような成分があるのでしょうか。

・合わせて読みたい→
教えて、ライザップさん!!好きなモノを食べた後、どう調整すればいいの?(https://cocokara-next.com/food_and_diet/teach-rizap-3-st/)

チョコレートの成分・栄養


ポリフェノール
チョコレートの原料である「カカオ」には、ポリフェノールがたっぷり含まれています。ポリフェノールは動脈硬化などさまざまな病気の原因と言われる活性酸素を抑制する働きがあり、生活習慣病の予防に効果的といわれています。

テオブロミン
大脳を刺激して集中力や思考力を高め、やる気が出てきます。また、自律神経を調節する作用もあるので、リラックス効果も期待できます。

ブドウ糖
脳にとっての唯一の栄養素がブドウ糖です。脳の働きをよくするエネルギー源だけでなく、脳の神経伝達物質であるアセチルコリン生成の手助けもします。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧