キレイな人は、腸内までキレイ!~食物繊維とその食べ方~

タグ: , , 2019/8/22

 「腸内環境を整えましょう」という言葉をしばしば耳にしますが、腸内環境を整えると、どんな良いことがあるのでしょうか?

腸内環境が整っている、すなわち腸内がキレイな人は、栄養の吸収がよく代謝が上がり、肌がピチピチに若返りやすいと言われています。また、それだけではなく、脳の活性化、心の安定など全ての循環を良くしてくれる最も重要な役割を果たしてくれています。

では、理想の腸内環境を築くにはいったいどうすればいいのでしょうか?

ここで重要になってくる栄養素が、ずばり、腸内細菌が大好物である「食物繊維」。

この記事では、キレイにダイエットしたい!と思っている方、必見!!

「食物繊維とその食べ方」についてお話したいと思います。

・合わせて読みたい→
豆腐の驚くべき効果効能(https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-efficacy-surprising-tofu-st/)

キレイな腸内に必須!食物繊維

 キレイな腸内に必要不可欠な食物繊維。食物繊維は大きく分けて2つあります。

1つは、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」。もう1つは、水に溶けない「不溶性食物繊維」です。これら2つの食物繊維の特徴を、それぞれ見てみましょう。

腸内がより好む「水溶性食物繊維」


 水溶性食物繊維は、発酵しやすくビフィズス菌が増えやすいという特徴があり、腸内にとってかなりオススメな栄養素になります。

メリットは、粘着力があり胃や腸をゆっくり移動するのでお腹が空きにくく、食べ過ぎを防いでくれること。また、糖質の吸収を緩やかにするため、食後に血糖値が急に上がるのを防ぎ、糖尿病予防や改善にも役立ちます。

さらに、食べ過ぎた脂を体外に排出する働きもありますので、ダイエットにはもってこいの栄養素なのです!

主な食材
昆布、わかめなどの海藻類のほか、全粒穀物や豆類に豊富に含まれます。
また、ゴボウ、エッシャロット、にんにく、アボカド、果物類にも多いですし、納豆、オクラ、モロヘイヤ、里芋などのネバネバした食品にも豊富です。

特に、【納豆×オクラ】【モロヘイヤ×納豆】のコンビネーションは、腸内細菌がとても喜びます!【豆腐とわかめの味噌汁】【きんぴらごぼう】【里芋の煮物】【アボカドとグレープフルーツのサラダ】【焼きエシャロット】なども腸内には嬉しいお料理です。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧