オリゴ糖で腸内環境を改善しよう

タグ: , , , 2019/3/25

 オリゴ糖は野菜・果物・大豆・母乳などにわずかに含まれる成分で、砂糖よりカロリーは低く甘味料としても注目されています。オリゴ糖は腸内の善玉菌の栄養源となり腸内環境を整えてくれます。普段使っている砂糖の代わりにオリゴ糖を上手にとり入れてみましょう。

オリゴ糖の働き


 オリゴ糖はブドウ糖や果糖などの単糖類が2~10個程度結合したもので、約20もの種類があります。

腸内環境の改善
オリゴ糖の中には消化酵素で分解されないものもあり、大腸に届くとビフィズス菌などの善玉菌の栄養源となり腸内環境を整えます。またこのとき有機酸が作られ腸内を悪玉菌がすみにくい酸性にします。有機酸は腸を刺激して排便を促し便秘の解消に最適です。

動脈硬化の予防
腸内の余分なコレステロールや胆汁酸を吸収して排泄する作用があるので動脈硬化を予防する働きがあります。

ダイエット効果
消化されにくく低エネルギーなので砂糖に代わる甘味料として利用すればカロリーが抑えられ、ダイエットにつながります。

虫歯予防
虫歯の原因菌であるミュータンス菌の餌として利用されず、また歯垢の原因物質の生成もしないので、虫歯になりにくい甘味料として使われています。

・合わせて読みたい→
睡眠で変わる!質の良い睡眠で得られるうれしい効果6つ(https://cocokara-next.com/lifestyle/good-quality-sleep-2-st/)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧