日本の伝統食「味噌」「梅干し」「漬け物」はパワーフード

タグ: , , , , 2019/9/9

 「健康のためには減塩」「典型的な日本食は塩分が高すぎる」などといわれますが、塩分は健康のためにある程度は必要です。

日本の伝統食である梅干し、味噌、漬け物は塩分が多めですが、大きな力を秘めたパワーフードなのです。

塩分を摂らないと体が冷える?


最近は「塩分=高血圧」のように塩自体が健康に悪いものとされる傾向にあります。そのため減塩ブームで塩分控えめ食品が店頭に並び、高血圧でない人まで塩分を気にしています。

減塩は本当に健康に良いのでしょうか?

塩分は体温を上昇させます。そのため塩分が足りないと、冷え性や貧血、うつ病などになりやすいといわれます。

塩が体を温めるメカニズムは、塩分は血圧を上昇させる作用があり、血液を体の末端まで巡らせることができるためです。塩分の過剰摂取だけが高血圧の原因とは限らないのです。油っこい食事や運動不足、ストレスが原因の場合も多いのです。

・合わせて読みたい→
老化・肥満はカラダの酸化が原因!抗酸化物質を多く含む食べ物(https://cocokara-next.com/food_and_diet/including-many-antioxidant-food-st/)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧