低カロリーシェイクを食事に置き換えるダイエット法

タグ: , 2019/11/26

 プロテインダイエットは、一日のうちの1食~2食をダイエットシェイクに変える置き換えダイエット法(商品)の一種です。低カロリーな飲料のみで食事を済ませるため、大幅に摂取カロリーを減らすことができます。特に「プロテインダイエット」と名づけられている商品は、低カロリー食で不足しがちなプロテイン(=タンパク質)を多く含んでいることがPRポイントです。

しかしながら、このプロテイン。。

「飲み過ぎると太る」

なんても話があるんです。

もしこの話が本当であれば、ダイエットシェイクとしてもプロテインは、意味がなくなってしまいます。

プロテインが太るのか!?

この疑問は下記の記事に真実が書かれています。
↓ ↓ ↓
今すぐ「プロテインを飲むと太るって本当?」をチェックする!(https://cocokara-next.com/lifestyle/fat-when-drinking-protein/)

プロテインダイエット(置き換えダイエット)の方法

 一日のうちの1食~2食をダイエットシェイクに置き換えるだけという簡単なダイエット法です。夕食を多く食べる習慣がある方であれば、夕食を置き換えることでカロリーをより大きく減らすことができます。

「プロテインダイエット」と名前をつけられたシェイク用の商品は、各社それぞれビタミンやミネラルなどの栄養バランスも考えられていますので、そのまま1食の置き換えとして利用されています。

プロテインダイエット(置き換えダイエット)の効果


■カロリーダウン効果
プロテインダイエットと称される置き換え食品は、1食あたりだいたい200kcal以下に抑えられています。普段の食事と置き換えることで摂取カロリーを大幅に減らすことができるので、その分他の物を食べ過ぎなければ体重減少効果が期待できます。

■タンパク質のダイエット効果
置き換えダイエットの中で「プロテインダイエット」と名付けられている商品は、置き換えダイエットの中でもタンパク質の豊富さをPRしているものと言えます。

タンパク質は筋肉・皮膚・血液などを作る大切な栄養素。極端にカロリーを減らすダイエットでタンパク質が不足すると、筋肉を作る材料が不足してしまいます。

プロテインダイエットでは、タンパク質を補うことで筋肉を減りにくくし、基礎代謝を維持することが期待されているわけです。

食事一食に摂るべきタンパク質量はだいたい15~20g。商品の栄養成分表示で含まれている量を確かめてみると良いでしょう。

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

プロテインの正しい活用方法については、下記の記事が参考になります。
↓ ↓ ↓
今すぐ「ダイエットにもおすすめ!プロテインの正しい活用法」をチェックする!(https://cocokara-next.com/lifestyle/how-to-use-protein/)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧