食物繊維が豊富で低カロリー!ダイエット中の食事はきのこを積極的に

タグ: , , 2019/2/28

 きのこは秋の食材として知られていますが、日本では年中スーパーで手に入るお手軽低カロリー食品です。低カロリーにも関わらず簡単な調理で、食物繊維・ビタミン・ミネラルを簡単に補えるので、ダイエットにピッタリの食品です。

・合わせて読みたい→
結局、食べていいの? 悪いの? ダイエット中のフルーツ(https://cocokara-next.com/food_and_diet/fruit-in-the-diet/)

きのこダイエットの方法

 お好みのきのこを夕食に約200gを目安に食べるというダイエット法です。きのこであれば種類はなんでもOKです。

ルール
●きのこは食事の一番最初に食べる
●バターや油を使わない調理法で調理する

きのこダイエットの効果


食べ過ぎ防止、便秘対策に
きのこは食物繊維が豊富に含まれているので、お通じ対策に効果的。また噛み応えがあるので、自然と良く噛んで食べるようになり、早食い防止や食べ過ぎ防止に繋がります。

脂肪の吸収を抑える
きのこの食物繊維は水溶性なので、水分を含んでゲル化することによって、余分な脂肪を吸着してカラダの外に出してくれます。

食後の血糖値の上昇を緩やかにする
きのこを食事の一番最初に食べることで、食後の血糖値の上昇が緩やかになり、脂肪としてカラダに蓄積しにくくなります。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧