食べ物で頭がよくなる?!頭の回転と記憶力がアップする食べ物

タグ: , , 2019/3/18

頭の回転が良くなる食べ方とは

3食きちんと食べる
 脳は多くのブドウ糖を蓄えておけないので、定期的に補給することが必要です。とくに起床後は血糖値が低下しているので、朝食抜きではブドウ糖が不足し、頭がぼーっとしてしまいます。朝食2時間後に、脳が本調子で動き出すので、早起きをし、しっかり朝ごはんを食べるようにしましょう。

よく噛んで食べる
 咀嚼し、あごを動かすことで、脳の血管が拡張し、血流が良くなります。また、食べたものの歯ごたえや風味、味が脳にしっかり伝わることで脳も刺激されます。

低GI値の食品を選ぶ
 GI値とは食べた食品の血糖値の上がりやすさを表した指標です。GI値の高い食品を食べると、急激に血糖値が上がります。すると今度は、大量のインスリンが分泌され血糖値を下げようとします。この血糖値の急な変動が、食後の眠気や集中力の低下の原因となります。食後も集中力をキープするために、GI値の低い食品を選びましょう。

 他にも、手順や効率を考えながら作る「料理」は、脳の活性化にとても役立つことがわかっています。頭の回転を良くする食材を自分で料理することで、さらに能力アップが期待できそうですね。

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧