砂糖不使用のスイートポテトのレシピ♪低GI値のさつまいもで満足おやつ

タグ: , , , 2022/8/4

 さつまいもは糖質が多いので敬遠している方もいるかもしれませんが、うまく取り入れれば血糖値が気になる方や、ボディメイク中の方でも取り入れられます。さつまいもは、砂糖を使った洋菓子などに比べると血糖値を上げにくく、食物繊維やビタミンCを摂れる優秀な食材です。今回はさつまいもの魅力と、おやつにぴったりの「砂糖不使用のスイートポテトのレシピ」を紹介します。

※こちらのレシピでのカロリーや栄養データは既にあすけんに登録済みです。ぜひ最後までごらんください。

【関連記事】10キロ痩せたい!1か月でダイエットを成功させるおすすめ方法4選





栄養を摂れるさつまいもは間食に取り入れよう!

栄養をたっぷり摂れるさつまいもを取り入れるなら、間食に取り入れましょう。

さつまいもは血糖値を上げにくい低GI値食品に分類されるので、血糖値が気になる方でも間食に取り入れやすい食材のひとつです。また腹持ちもよいので、間食に取り入れることで次の食事のドカ食いを防ぐのにも役立ちます。

続いて、さつまいもの魅力をもう少し詳しくお伝えします。

低GI値なので血糖値を上げにくい
さつまいもは低GI値食品に分類され、白米や食パン、砂糖を使った洋菓子などに比べると血糖値を上げにくくなっています。

血糖値の急上昇を抑えることで、

・血糖コントロールに役立つ
・余った糖がインスリン(血糖値を下げるホルモン)により脂肪に変えられるのを防ぐ

といったメリットが得られます。

血糖値が気になる方だけでなく、太りにくい食べ方を実践したい方にも役立ちます。

食物繊維やビタミンCが補給できる
さつまいもは食物繊維やビタミンCなどの栄養素が含まれ、間食として楽しみながら、栄養補給も可能です。

食物繊維は水溶性、不溶性どちらも含んでおり、血糖値を上げにくくするだけでなく、整腸作用や血中コレステロール値を低下させる働きなど、さまざまな効果が期待されます。

またさつまいものビタミンCは、でんぷんに守られており熱に壊れにくいため、加熱してもしっかりと摂ることができますよ。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧