男性に積極的に摂って欲しい栄養素と使いまわせる万能レシピ3選

タグ: , , , 2020/11/15

[文:食の専門家による出張料理サービス「シェアダイン」(https://sharedine.me/)]


 最近、妊活という言葉が知られるようになってきました。出張料理家として活動する筆者も、最近は妊活のための夫婦のお食事を相談されることが増えてきています。

妊活はパートナーで行うことが近道です。女性が食べた方が良いものや栄養素・女性用のサプリメントなどの情報はネットでも沢山ありますが、男性の妊活に良いものなどは、まだあまり知られていなかったり、情報が少ないのではないでしょうか。本記事では、男性に妊活中に摂って欲しい栄養素とアレンジ自在!使いまわせる万能レシピをご紹介します。

・今すぐ読みたい→
知ったら買いたくなる!赤パプリカが超使える理由 https://cocokara-next.com/fitness/red-paprika-of-summer-vegetables/





これだけは知っておこう!3つの栄養素


亜鉛
亜鉛は男性の前立腺・性腺や精液に高い濃度で存在しています。さらに性的な機能を正常に保つ力があり、男性ホルモンであるテストステロンとも関係があると考えられています。タンパク質合成や細胞分裂に不可欠で、性ホルモン合成・精子生成など、男性の妊娠力になくてはならない成分です。

(多く含まれる食材例)牡蠣、シジミ、レバー、卵黄

ビタミンE
抗酸化作用の強いビタミンです。男性ホルモンは活性酸素やストレスの影響を受けて、加齢とともに減少してしまいます。そのため活性酸素を除去する抗酸化作用をもつ食べ物やエネルギーを生み出す食べ物を積極的に食べ、ストレスに負けない生活習慣を身につけることが重要です。

(多く含まれる食材例)アボカド、うなぎ、アーモンド、かぼちゃ

ビタミンB群
B群にはビタミンB1やB2・B6・B12をはじめ、ナイアシン・ビオチンなどがあります。女性の妊活で知られている、葉酸もビタミンB群の仲間です。エネルギー生成の代謝に欠かせず、生命維持に大きく関わります。特に葉酸は有名で造血のビタミンとも呼ばれ、細胞分裂・DNA合成にも関わるため、妊活ビタミンとして知られるようになりました。

(多く含まれる食材例)レバー、納豆、豚肉、卵

では、ここからは使いまわせる万能レシピを紹介します。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧