脳の栄養補給!欠かさず摂りたいビタミン・ミネラル7つ

タグ: , , 2019/5/16

 「最近なかなかやる気が出ない」と感じている方はいませんか?それは脳の栄養不足かもしれません。脳内物質(セロトニン・ドーパミン・ノルアドレナリン)はタンパク質(アミノ酸)から作られますが、そのためにはビタミンやミネラルが必要不可欠です。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、心のバランスを整え、ドーパミンは「快感」をつかさどり、意欲・学習などに関係します。ノルアドレナリンは、やる気や集中をつかさどり、不安や緊張とも関与します。そこで、脳の栄養補給に大切なビタミン・ミネラル7つをご紹介します。

・合わせて読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ(https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological-st/)

脳内物質を作るのに不可欠なビタミン4つ


■ナイアシン
ナイアシンは、アミノ酸の一種チロシンからドーパミンを作る際に必要です。また、必須アミノ酸の一種トリプトファンからセロトニンを合成するときに使われます。
さらに、毎日141㎎のナイアシンを摂取することで老若男女問わず記憶力が10~40%も上昇したという報告がされています。(※1)心の病気の回復や、記憶力の改善に欠かせません。

■葉酸
葉酸は、チロシンからドーパミン、トリプトファンからセロトニンを合成する際に用いられます。気分を向上させるために効果的な栄養素の1つで、うつ病などの心の病気の人の3分の1が葉酸不足状態といわれています。(※2)

■ビタミンB6
ビタミンB6もチロシンからドーパミン、トリプトファンからセロトニンを作る際に使われます。そのほか、気分の落ち込みを和らげる働きがあります。

■ビタミンC
ビタミンCはドーパミンからノルアドレナリンを作る際に使われます。その他、脳内物質を合成したり、ストレスに対抗するためのホルモンの生成に必要です。特にストレスが多い人や喫煙者などはビタミンCの需要が高まるので積極的に摂りましょう。
ビタミンCの不足が原因で、なかなか疲れが取れなくなったり、落ち込みやすくなるなど心の不調へ繋がることも。(※3)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧