食べ過ぎちゃったときの罪悪感リセット法

タグ: , , 2019/10/11

 食べ過ぎてしまったあとに、心がモヤモヤして罪悪感を感じてしまう…こんな経験はありませんか?

 食べ過ぎてしまったことをいつまでも後悔していると、ダイエットの意欲もなくしてしまいます。そこで、こんな時の罪悪感からうまく抜け出せる方法をご紹介します。

食べ過ぎちゃったときのリセット法


「コト(出来事)」と「ヒト(人)」を区別する
 食べ過ぎてしまったことで自分を責めてしまう人は、意識が「失敗」という「コト」ではなく、私という「ヒト」に向いてしまいます。そこから「ダメな私」という後ろ向きの思いが頭の中で回り始めます。こうなると気持ちがどんどん落ち込んできて、反省ができません。同じ失敗を繰り返してしまいます。
 失敗したときは、「コト」と「ヒト」を切り離すのがとても大切です。
 そこで、「あー!私って・・・」と「ヒト」を責めそうになったらすぐにストップ!

 「今できる対策は?」「何が問題だったの?」と「コト」に意識を向け、とにかく行動しましょう。そうすれば、失敗があなたを成長させてくれます。そんな経験の積み重ねが、「失敗してもなんとかなるものだ」という自信につながっていくのです。

翌日から、またがんばろうと意欲を上げる「あすけんリセット法」
1. 食べ過ぎちゃったことは、「たまたま」と割り切ろう
 自分を責めるときは「私っていつもダメ」と考えがちです。でも、過去にはうまくいったこともあるはずです。今回は「たまたま」うまくいかなかったと冷静にとらえることで、自分を責める思考から抜け出せます。

・合わせて読みたい→
食べ過ぎを無かった事にする特集(https://cocokara-next.com/feature_archive/overeating-feature/)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧