意外と知らないスパイスの驚きの効果とは

タグ: , 2019/12/14

 スパイスは、カレーや洋食のアクセントとして使われる食材。

今回はそのスパイスの種類と知られざる効果についてご紹介します。

・今すぐ読みたい→
ダイエットの大敵?おうちカレーをヘルシーにする方法(https://cocokara-next.com/food_and_diet/the-curry-to-healthy/)

スパイスとは?


日本語で香辛料と訳されるスパイスは、「食品の調理のために用いる芳香性と刺激性を持った植物(全日本スパイス協会ホームページより抜粋)と定義されています。

さらに緻密に分類すると、植物体のうち茎と葉と花は「ハーブ」や「野菜」として利用され、それ以外の部分である種子や果皮・果実が「スパイス」とされるのですが、現在そこに明確な線引きはありません。

甘くスパイシーな香りを持つシナモンは、その芳香に霊的な力があると信じられて、古くから宗教儀式や医療にも用いられてきた歴史があり、これも原料となっているのはクスノキ科の常緑種の「樹皮」です。また、薬味として利用されるショウガはショウガ科多年草の「地下根茎」です。このように、植物のさまざまな部位が持つ特性を、食材の臭み消しや防腐・抗菌効果に用いたり、料理のおいしさを引き立てる香りや色、辛味などの風味付け・色付けに用いたりするものすべてを、スパイスと呼ぶのです。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧