夏バテや熱中症予防などに!夏野菜を活用した中華レシピ

タグ: , , 2020/8/5

 みずみずしく味の濃い夏野菜は、酢豚や麻婆なすなど、はっきりとした味つけが多い中華との相性がピッタリと言われています。

今回は、夏野菜をふんだんに活用した中華レシピをご紹介します。

旬の野菜は、味が濃く美味しくいただけるだけでなく、それぞれの季節の健康の悩みを解消してくれる栄養が含まれています。ご紹介する夏野菜には、夏バテや熱中症予防や、むくみや紫外線対策のほか、胃腸を守るなど、さまざまな効能があると言われています。ぜひ、積極的に取り入れてみてください。

・今すぐ読みたい→
10キロ痩せたい!1か月でダイエットを成功させるおすすめ方法4選 https://cocokara-next.com/food_and_diet/success-of-the-diet-in-one-month/

夏野菜活用!中華レシピ


『トマトと厚揚げのとろみ煮込み』

【材料(2人分)】
トマト…2個(約300g)
厚揚げ…1枚(200~250g)
豚こま切れ肉…120g
〈煮汁〉
・オイスターソース…大さじ1と1/2
・塩、こしょう…各少々
・水…1/2カップ
〈水溶き片栗粉〉
・片栗粉…大さじ1/2
・水…大さじ1
しょうが汁…小さじ1
酒…大さじ1/2
サラダ油…大さじ1/2
ごま油…小さじ1

【作り方】
①材料の下ごしらえをする
トマトはへたを取って大きめの一口大に切る。厚揚げはペーパータオルで余分な油分を拭き、大きめの一口大に切る。豚肉は酒大さじ1/2、塩、こしょう各少々をもみ込む。
水溶き片栗粉の材料を混ぜる。

②フライパンで炒める
フライパンにサラダ油大さじ1/2を強めの中火で熱し、豚肉を入れてほぐしながら1~2分炒める。トマトと厚揚げを加えてさっと炒め合わせ、煮汁の材料を加えて煮立たせる。

③水溶き片栗粉でとろみをつける
弱めの中火で2分ほど煮て、水溶き片栗粉をもう一度混ぜて加え、大きく混ぜる。
とろみがついたら、しょうが汁とごま油小さじ1を回しかけてさっと混ぜる。

『しし唐と豚の卵炒め』

【材料(2人分)】
しし唐辛子…1パック(約100g)
豚バラ薄切り肉…120g
溶き卵…3個分
〈オイスターだれ〉
・オイスターソース…大さじ1
・しょうゆ…小さじ1
・水…大さじ1/2
サラダ油

【作り方】
①フライパンで卵を炒める
しし唐はへたの先を切り、斜め半分に切る。豚肉は長さ4cmに切る。
フライパンにサラダ油大さじ1/2を中火で熱し、溶き卵を加える。木べらで大きく混ぜ、半熟状になったら取り出す。

②豚肉としし唐を焼き、卵を戻し入れる
フライパンをさっと拭き、豚肉を広げ入れる。強めの中火にかけ、焼き色がつくまで1~2分焼く。上下を返して1分ほど焼き、しし唐を加えてさっと炒める。
卵を戻し入れて火を止め、卵を大きくくずしながらさっと混ぜて器に盛る。同じフライパンにオイスターだれの材料を入れて中火にかけ、煮立ったら全体にかける。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧