暑さに負けないカラダ作り!夏野菜レシピ3つ

タグ: , , 2020/8/24

 夏は、疲労感やだるさ、食欲不振、不眠といった「夏バテ」症状を感じる人が増える季節です。食欲が湧かないため食事面も偏りがちになり、栄養が不足してさらに体調が悪くなる、という悪循環に陥りやすい点も注意が必要です。

 食事面でのポイントは、栄養バランスの整った食事を心がけることが一番ですが、特にビタミン・ミネラルとタンパク質をしっかりとり入れましょう。太陽を浴びた鮮やかな夏野菜は、ビタミン・ミネラルが豊富。また豚肉・マグロ・レバー・うなぎなどに豊富に含まれるビタミンB群はエネルギー代謝や疲労回復に効果的です。にんにくや長ネギなどのアリシンを含む食材と一緒に食べるとビタミンB1の吸収が良くなります。今回は、暑さに負けないカラダを作る、夏野菜たっぷりで簡単なおすすめレシピをご紹介します。

・今すぐ読みたい→
マンネリ解消!お悩み別で選ぶ冷やし麺の「めんつゆアレンジ」3選 http://cocokara-next.com/food_and_diet/noodle-soup-arrange/

1. 肉にも魚にも合う!ラビゴットソース


 ラビゴットソースはフランス語の「元気を出させる」という言葉が由来の、刻んだ野菜を酢で味付けしたソースです。緑黄色野菜のパプリカ・ピーマンはビタミンCとβ-カロテンを豊富に含み、からだの調子を整えるビタミン・ミネラルを補給することができます。オリーブ油はカラダに不可欠な不飽和脂肪酸を豊富に含み、エネルギーを効率的に補給できます。

《材料》(2人分)
・赤パプリカ 1/2個
・黄パプリカ 1/2個
・紫玉ねぎ 1/2個
・にんにく 1かけ
 a.レモン または ビネガー(酢) 大さじ1
 a.オリーブ油 大さじ1と1/2
 a.塩 小さじ1/3
 a.コショウ 少量

《作り方》
1. 材料を全て薄切りにします。
2. aをボウルに入れ混ぜ合わせます。
3. 1をボウルに入れ、aと和え、10分くらいおいて馴染んだら出来上がり。





《ポイント》
冷たくても温かかくても美味しいので、メインのタンパク質の食材とも合わせやすく、野菜がたっぷり摂れます。ビタミンB群の豊富なカツオのたたきやマグロ、低カロリー高タンパクのホタテ・エビなどと合わせても。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧