糖質制限中にさつまいもを食べていいの?サツマイモの糖質やカロリー、おすすめの食べ方はあるの?

タグ: , , 2020/5/20

 「サツマイモは、ヘルシーで女性にうれしい食べ物」というイメージがあるかもしれませんが、糖質制限ダイエット中には控えておきたい食材です。それはなぜなのでしょうか?

当記事では、さつまいもの糖質量やカロリーを確認しながら、じゃがいもやかぼちゃなど、他の芋類と比較してみました。

もちろん、糖質量を除けば、ダイエット期のさつまいもの嬉しいメリットもあります。さつまいもを食べることで得られるダイエット的メリットや、おすすめの食べ方、チートデイにピッタリなさつまいもの簡単おやつレシピなどをご紹介します。

・今すぐ読みたい→
糖質制限の効果はいつからあらわれる?ダイエットを成功させるには https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-of-carbohydrate-restriction/

糖質制限中は、さつまいもは控えて

さつまいもと言えば、食物繊維が豊富な食材の代表格で、便秘予防などに効果的というイメージを持っている方が多いかもしれません。しかし、糖質制限という観点で見ると、さつまいもはNG食材といえるでしょう。

さつまいもは、野菜の中でも糖質がとても高い食材に分類されます。焼き芋やふかし芋にしたときのあの独特の甘みは、糖質をたっぷり含んでいる証拠です。





さつまいもの糖質とカロリー


では実際に、さつまいもの糖質やカロリーなどの栄養成分は、どのようになっているのでしょうか。

100gあたりの糖質は29.7g、カロリーは134kcal
文部科学省の「食品成分データベース」(※1)によると、生のさつまいも100gあたりに含まれる糖質は29.7g、タンパク質は1.2g、脂質は0.2gで、カロリーは134kcalです。

市販されている一般的なさつまいも1本はおおよそ250gになるため、1本の糖質は74.2g、カロリーは335kcalになります。また食物繊維は100gあたり2.2g、1本あたりでは5.5gになります。

調理法や食べ方でどれくらい変わる?
さつまいもは、焼いたり蒸したりなどさまざまな食べ方がありますが、調理法によってカロリーも変わってきます。

生のさつまいものカロリーは100gあたり134kcalで、蒸したさつまいもも同じです。また、焼くと163kcalとなりますが、これは、焼くことでさつまいもの水分が抜けて、同じ100gでも生のさつまいもより総量が大きくなるからです。

ちなみに、さつまいもの天ぷらは100gあたり221kcalとなり、衣と油の影響でカロリーがアップします。

さつまいもの品種でどれくらい変わる?
同じさつまいもでも、品種によってカロリーも若干異なります。

紫芋の100gあたりのカロリーは134kcalですが、安納芋は143kcal、紅はるかは162kcalと、甘味の強いさつまいもほど、カロリーも高くなります。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧