20代の痩せすぎは危険!痩せすぎが引き起こすカラダの不調

タグ: , , 2019/3/25

 女性なら誰もが体重やスタイルを気にするもの。テレビや雑誌などの芸能人やモデルはスタイルが良く、どんな洋服も上手に着こなせるので「痩せている方が良い!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

ですが、痩せに対しての過剰な意識やダイエットは返ってカラダに不調を起こすことも。「痩せすぎ」がもたらすカラダの不調やリスクについて考えてみましょう。

5人に1人が「痩せすぎ」日本の若い女性の現状


 肥満が生活習慣病のリスクを高めることはよく知られていますが、痩せすぎていても癌・心疾患・脳血管疾患などを引き起こす可能性があります。さらに、若い頃に極端なダイエットを繰り返し痩せすぎていると、貧血・免疫力の低下・骨粗鬆症・低体重児の出生率を上げるなど、さまざまな問題が出てきます。不規則な生活や食生活の乱れから若い女性の痩せが増えてきています。「痩せ=良い」という考えを見直して、自分にあった健康な体重に近づけましょう。

BMI
 Body Mass Index(BMI)は身長と体重から計算する肥満指数です。日本肥満学会が決めた判定基準では、BMI22が最も病気になりにくい数値としています。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
痩せ:18.5未満 普通:18.5以上~25未満 肥満:25以上を肥満

先進国の中でも若い女性の痩せの割合が高い日本
 国民健康栄養調査によると、日本人の平均的なエネルギーの摂取量は年々減少傾向で、とくに若い女性では他国に比べて顕著になっています。平成28年国民健康栄養調査で女性の痩せ(BMI=18.5未満)の割合が、総数で11.6%、20~29歳では前年より減少したものの20.7%と、5人に1人が痩せという結果になりました。(※1)

・合わせて読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ(https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological-st/)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧