更年期症状の緩和や美肌効果も!女性の味方「エクオール」とは

タグ: , , , 2019/10/15

 大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、更年期症状の緩和や骨粗鬆症の発症率低下などに役立つ栄養素として注目されています。
さらに、その大豆イソフラボンの一種であるダイゼインから、腸内でより強い作用をもつ「エクオール」という物質が作られることが分かってきました。エクオールの効果と産生できる人の特徴についてご紹介します。(※1)

・合わせて読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ(https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/)

エクオールに期待される5つの効果


1.更年期症状の緩和
エクオールはエストロゲンと似た働きをすることから、更年期症状の予防・改善に効果が期待されています。また、体内でエクオールを作れる人は、ほてりや首・肩のコリなどの更年期症状が強く出にくい傾向があることが報告されています。(※1)(※2)

2.骨粗鬆症の発症率の低下
女性は閉経後、新しい骨の形成を促進し、古くなった骨の破壊を抑えるエストロゲンが激減するため、骨量減少による骨粗鬆症に陥りやすくなります。しかし、大豆イソフラボンを摂り続けると骨密度の減少が抑えられ、その効果はエクオールを作れる人の方が強くみられたという報告があります。(※1)(※3)

3.生活習慣病を予防
大豆製品を食べた人のなかでも、エクオールを腸内で作れる人ほど、悪玉コレステロール(LDL)・血糖値(HbA1c)・動脈硬化のリスク(CAVI)が下がったという報告があり、生活習慣病予防効果が期待されています。(※2)

4.美肌効果
コラーゲンの生成を促すエストロゲンが減ると、肌の弾力やハリが失われ、しわ・たるみなどの悩みが出やすくなります。これらを、エストロゲンのような働きをもつエクオールが改善すると期待されています。

5.乳がんのリスクを下げる
エストロゲンの分泌が過剰だと乳がんのリスクが上がるとされています。エストロゲンが多過ぎるときは、エクオールが先にエストロゲン受容体と結合し、過剰な作用を抑えてがん化を防ぐと考えられています。(※4)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧