一日に飲むべき水の量は?

タグ: , 2020/6/26

 私たちの身体の約60〜70%は水でできています。ちょっとした水分不足が健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、適切な水分補給を意識することが大切です。

とはいえ、ただやみくもに水をガブ飲みすれば良いわけではありません。ここでは、一日どのくらい水を飲めば良いか、飲み方やタイミングについてお伝えします。

・今すぐ読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/


水分が不足するとどうなる?

水分が5%足りなくなると、脱水症状や熱中症に陥ります。10%失った場合は筋肉のけいれんや循環不全などの症状が現れ、20%失うと死に至るとされています。

のどの渇きを自覚したときは2%の水分が失われている状態で、すでに脱水症状が始まっています。そのため、のどの渇きを感じる前に水分補給をすることが大切です。

特に運動中や運動後、暑い季節は水分が失われやすいので、いつもより多くの水分が必要になります。また、年齢を重ねるにつれ、のどの渇きを自覚しにくくなるので、注意しましょう。





一日に必要な水の摂取量とは

私たちの身体からは、汗や尿、便などで一日に約2.5リットルの水分が排出されています。このうち、一日3回の食事から約1.0リットルが補給されます。さらに、食べ物を体内で分解し、エネルギーとして利用する際に約0.3リットルの「代謝水」が生成されるため、残りの約1.2リットルを飲料水から摂取すればよいことになります。

ただし、炎天下でのスポーツや肉体労働などでたくさんの汗をかく場合には、その分をプラスして水分補給を行いましょう。厚生労働省では、脱水による健康被害を防ぐために普段よりもコップ2杯多く水を飲むことを推奨しています。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧