【腱鞘炎】女性に多い手首の痛みの原因とは

タグ: , , 2020/5/30

[記事提供:JITANBODY 整体院(時短ボディ)(http://jitanbody.com/)]

 ふとした瞬間に手首に激痛が走り、動かすのが嫌になる腱鞘炎。

更年期や周産期の女性に発症しやすく、多くの女性が手首の痛みを経験しているようです。

手首が痛いと、物を握ることもできなくなり、家事や育児、仕事にも支障をきたしてしまいます。

症状が重い場合は、手術も必要となる腱鞘炎について説明をしていきます。

・今すぐ読みたい→
CRPSという病気をご存知ですか? https://cocokara-next.com/stress/do-you-know-the-disease-called-crps/

手首腱鞘炎の正式名称は「〇・〇〇〇病」


手首の腱鞘炎とは、手首には指を動かす腱が前腕から指先にかけて通ります。

この指を動かす腱を束ねている結束バンドのようなものを「腱鞘(けんしょう)」と呼びます。

指や手首を曲げ伸ばしするときは、このトンネル状の腱鞘の中を腱が動きます。このとき正常なら滑らかな摩擦を生じながら動きますが、手を使い過ぎて摩擦の回数が増えると、腱鞘が炎症を起こします。

これが腱鞘炎で、正式には手首の親指側が痛む場合、「ド・ケルバン病」と呼びます。

ド・ケルバン病では、親指の関節を動かす筋腱が、通る腱鞘の炎症によって、親指を動かすと強い痛みが生じたり、手首の親指側が腫れることもあります。

そうすると物を持ったり、ドアノブを回す、子供の抱っこなどでも痛みがあり、日常生活に大きく支障をきたします。





「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧