要注意!脳出血と高血圧の関係とは?!

タグ: , , 2020/7/23

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

そもそも脳出血とは?

 脳出血とは何らかの原因により脳の血管が破れてしまい、脳の中に出血を起こす病気です。

日本では脳卒中における脳出血の占める割合は20%程度といわれており、時には死に至ることもあるので注意が必要です。





脳出血の症状は?

脳出血の症状は出血を起こした場所や出血量によって異なると言われており、多くの場合、頭痛、吐き気、嘔吐、片側の口角と手足の運動麻痺、感覚障害、呂律が回らないなどといった様々な症状が起こります。

ほとんどの場合、前触れもほとんどなく突然起こるケースがほとんどです。

脳出血の原因は?


脳出血の原因は主に高血圧です。

脳の中の細い血管は脆く、さらに血圧の負荷が強くかかる場所であるため、長期間の高血圧にさらされるとより一層脆くなります。

そして脆くなった血管の壁の一部に裂け目ができ、その部分にさらに圧が加わることで血管が破裂して脳出血を引き起こします。

・今すぐ読みたい→
みんなで知っておきたい「乳がん」 https://cocokara-next.com/lifestyle/knowing-about-breast-cancer/

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧