軟水と硬水の違いとは?それぞれのメリット・デメリット

タグ: , , 2020/3/14

[記事提供:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 私たちが普段飲んでいるお水は、その硬度によって「硬水」と「軟水」に分類されています。

市販のミネラルウォーターを色々飲んでみると、種類によって味が違うのはこのためです。

では、具体的に硬水と軟水では、どのような違いがあるのでしょうか。





・今すぐ読みたい→
ポイントは筋肉!痩せていても糖尿病リスクが高い理由とは https://cocokara-next.com/lifestyle/reason-for-the-high-diabetes-risk-even-though-skinny/

軟水と硬水の違い


水は栄養素が無いように思えますが、実はカルシウム・マグネシウムなどミネラル含まれています。

このミネラルが含まれている量によって変わる硬度の数値で軟水・硬水が分けられています。

軟水は硬度が120mg/l以下、120mg/l以上が硬水とされ、それぞれに特徴があります。

硬度というのは、お水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で、硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水とされています。では、飲用した場合にはどのような違いがあるのでしょうか。

「硬度」というのはカルシウムとマグネシウムの含有量で、これらの濃度が高い硬水は、口当たりが重く苦みを感じます。

反対にカルシウムやマグネシウムの濃度が低い軟水は、まろやかな口当たりが特徴です。私たちが普段日本で飲んでいる水道水や国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水ですので、日本人には硬度の低いお水の方が合うと言われています。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧