不調にならないために、酒飲みが覚えるべき作法とは

タグ: , , , 2019/11/17

 唐突ですが、私はお酒が好きです(笑)。

体調が悪い時や疲れている時は、基本的に自分から飲まないようにしますが、そんな時に限って誘いが来たり、一杯飲んで気分転換したくなったりするものなんです。そんな時は、東洋医学の知識をフル稼働させて二日酔いを軽くしたり、体調不良にならないように気を付けたりします。

・合わせて読みたい→
寝る前のお酒 ダメよ~♪ダメダメ!その理由は?(https://cocokara-next.com/lifestyle/not-good-in-front-of-liquor-to-sleep/)


当然、「飲み過ぎないこと」が一番大事なのは言うまでもありませんよ(笑)。

まず、今の自分の体調が、1)緊張して力が抜けづらい状態か、2)疲れて力が入らない状態か、を判断します。

1)の場合、体が緊張状態にあるので、体を緩める系統のお酒が悪くないことになります。つまり、ビール、赤ワイン、甘いカクテルなどです。

2)の場合、体が弛緩状態にあるので、体を締める系統のお酒が悪くないことになります。つまり、熱かん、お湯割りなどです。

しつこいですが、飲み過ぎれば、どっちを取ってもダメですよ。あくまでも、「強いて言うなら」です(笑)。

そしておつまみですが、まずちゃんと夕食を食べることは当然として、1)の場合は、肉より野菜、しょっぱい味付けより酸っぱいか辛い味付けのものを選びます。今の季節(3・4月)なら、山菜のてんぷらとか、タケノコ料理などが良いです。2)の場合は、野菜より肉、酸っぱいか甘い味付けよりしょっぱい味付けのものを選びます。今の季節ならアジの開きとかあさりの酒蒸しとかでしょうか。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧