気を付けよう!「更年期障害」対策のススメ

タグ: , , 2019/5/7

 今回は更年期障害についてお話しさせて頂きます。


そもそも「更年期」とは、閉経を挟んで大体10年くらいの期間、つまり女性の平均閉経年齢が50歳くらいなので、女性の45~55歳くらいの期間のことを指しています。この時期に女性ホルモンが変化することによって起こる、さまざまな症状から起こるトラブルを「更年期障害」と言っています。

また、更年期障害で起こる症状は、そもそも女性に起こりやすい症状なので、更年期ではなくても、つまり年齢が若かったとしても、更年期障害で起こるようなトラブルが起きることがあります。

鍼灸治療では、「肝」「脾」「腎」を中心に身体の状態を判断して治療にあたってゆきます。婦人科全般に言えますが、鍼灸治療は良い効果を出すことが多いので、更年期障害にも良い作用を示すことが多いです。しかし、鍼灸治療では苦手なタイプの更年期障害もあります。

それは、過労や睡眠不足、食生活の不摂生や持病などによって、身体が「虚している」、つまり、身体が弱っているために、さまざまな症状が出ている時です。

そもそも更年期障害は、東洋医学的には年齢とともに起こる加齢現象の一つです。全てと言う訳ではありませんが、多くは身体が「虚して」ゆくことで起こる症状です。そこに、更に身体を弱くすることをしていれば、症状が出やすいのは当然です。

・合わせて読みたい→
将来の不安もストレスに!?不安に負けない対策とは・・・(https://cocokara-next.com/stress/measures-to-not-lose-the-future-of-anxiety-st/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧