肌荒れ・口内炎に効く栄養素って?

タグ: , , 2020/2/17

 肌のキメの荒れや凹凸、口内炎などを気にして気分が上がらないこともあるでしょう。不足する栄養素を補うことで予防・改善ができるといわれます。


●肌は体調のバロメーター
暴飲暴食、不規則な睡眠、ストレスなどが重なることが、肌荒れや乾燥などの原因に。粘膜の代謝も滞り、口内炎ができやすくなることも。

●新陳代謝は年齢で異なる
特に肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)のサイクルは、20代では約28日周期ですが、40代では約60日周期と次第に遅くなっていくとされています。年齢を追うごとに肌のダメージは抜けにくくなることを念頭に置いて、肌の新陳代謝を促すビタミンの補給と生活習慣の改善に努めましょう。

●改善ポイント
①タンパク質をとる
美しい肌のためには、材料となるタンパク質のチャージをしっかりと。

②ビタミンA、Cをとる
ビタミンAは肌の保湿因子の産生に関わるとともに、粘膜の機能を正常に整える効果が。ビタミンCは肌の弾力の元であるコラーゲン組織の合成を助けるもいわれます。

③ビタミンB群をとる
肌のバリア役である皮脂の分泌を調整するほか、粘膜の炎症をしずめて口内炎を緩和。

④生活を見直す
睡眠不足、ストレス過多なども、お肌の敵とされます。

・今すぐ読みたい→
肌荒れ、ウイルス・・・部屋の乾燥がもたらすリスクと手軽な対策(https://cocokara-next.com/lifestyle/risks-of-dry-rooms/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧