子どものジュース、果汁100%ジュースなら平気?

タグ: , , 2019/5/9

 ジュースはあまり体によくないと分かっていても、子どもにせがまれて、困ってしまう・・・というママも多いのではないでしょうか?

大人でも、喉が渇いたときの水分補給や、食事中の飲み物として、水やお茶のかわりに、甘いジュースや炭酸飲料、スポーツドリンクなどを飲んでいる人をたびたび見かけますよね。


 糖類を多く含む飲料は、虫歯、肥満や糖尿病などの生活習慣病のリスクになるとされています。
そのため、世界保健機関(WHO)は、加糖飲料など糖類を多く含む飲料に課税し、商品価格を引き上げて消費量を減らすようにと加盟国・地域に要請しています。

また、WHOは糖類に関するガイドラインで、糖尿病・肥満・虫歯などの予防のため、大人も子どもも1日当たり遊離糖類をエネルギー総摂取量の10%未満に減らすように強く推奨しています。

さらに、できれば5%未満を目指すと良いとしています。(※1)
「遊離糖類(free sugars)」とは、食品加工や調理で加えられる単糖類・二糖類のことで、蜂蜜・シロップ・果汁・濃縮果汁なども含みます。
言い換えると、市販のお菓子やジュース・加工食品に入っていたり、私たちが料理する時に加える「甘み」のことです。
ただし、果物や野菜・牛乳などに自然に含まれる糖類は、これに含みません。
また、お米やパン・イモ類に含まれるでんぷんも「多糖類」なので、これに含みません。

「摂取エネルギーの10%未満の遊離糖類」とは、おおまかに、学童期~大人で50gくらい。
幼児さん~小学校低学年は30gくらいです。

しかし、一般的な炭酸飲料の中には250mlで40gに達するものあります。
スポーツ飲料も、500mlのペットボトル1本で20~30gほど含まれています。
炭酸飲料1本で、すでにWHOの推奨する遊離糖類を超えてしまうのです。
ジュースだけでなく、お菓子やお料理などに含まれる遊離糖類も摂っているので、摂り過ぎになっていることがわかります。

・合わせて読みたい→
嫌いな食べ物ができてしまう理由、嫌いな食べ物をなくす方法(https://cocokara-next.com/fitness/eliminate-the-food-one-dislikes-st/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧