夏こそ危険!冷え性の人こそ体を冷やす?!

タグ: , 2019/8/7

「冷え」には体を温める、は誤り

 世間は真夏ですね!

 汗をたくさんかく時期ですが、冷房で冷やされた室内と外気温との差で体の不調を感じる人も少なくないですね。

 暑さとともにこの時期に訴えが多いのは「冷え」や「むくみ」です。

 特に冷えに関しては「誤った情報」によって症状が長引くケースも少なくないようです。

・合わせて読みたい→
連日の猛暑 昼だけでない…夜の熱中症に注意(https://cocokara-next.com/lifestyle/note-the-night-heatstroke/)

「冷え性」の人は、より冷やす


 たとえば「冷え症の人は体を温めるほうがいい」と言われていますが、実際には寒いときのほうが、体を内側から温めることができるのです。意外かもしれませんが冷えるからといって厚着をしたりするほど冷えは進んでしまうものなのだそうです。

 たしかに、ダイエットに適する季節は「冬」だと言われています。

 それは身体は寒さを感じる方が、体温を下げないようにと体内から熱を発し、脂肪が燃えやすいためと言われています。

 逆に夏にダイエットをしようとしてランニングをする前と後で1kg減った!なんてこともあるかもしれませんが、夏の体重の増減は「水分」のせいであることがかなり高いです。

 夏では「汗をかくこと」によって皮膚表面から体温を下げようとする体の仕組みが最大限に発揮されます。そのために体からは水分が減りやすく、脂肪自体は燃えにくいという逆効果が生まれやすいのです。

 内臓脂肪は寒さの刺激によって減少します。ダイエットのために半身浴やサウナに入ると言う人がいますが暖めても内臓脂肪が燃焼しません。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧