熱中症になりやすい人、なりにくい人とは?

タグ: , 2019/8/19

[記事提供:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 この時期、耳にすることが多い「熱中症」とは、体の外から入ってくる熱や、体の中で発生する熱の影響により引き起こされる、体の不調のことをいいます。

暑い日にずっと外にいたり、暑い部屋にいたりすると、熱中症を起こすことがあります。

・合わせて読みたい→
がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」(https://cocokara-next.com/stress/cancer-prevention-should-protect-tt/)


熱中症は一般的に暑い日に起こりやすいのですが、それほど暑いと思わない程度の気温でも、熱中症の症状を起こす場合があります。

その人の年齢、体調、病気、水分の取りかた、住居の環境、運動や労働の程度、暑さに慣れているかといった、いろいろな要素から、熱中症リスクは増減します。

熱中症を、よく知って防ぎましょう。

それでは、どんな人が熱中症になりやすいのでしょう?

まずは、のどが渇いていることに気付きにくい場合や体温調節が難しい「乳幼児や高齢者」は、特に気をつけましょう。

それ以外の健康な人でも、その日の体調によって熱中症になりやすい場合もあります。

私たちの体には「体温調節機能」が備わっており、暑いときには汗をかいて体表面から熱を逃がし、上がった体温を冷やそうとするはたらきがありますが、一度に大量に汗をかくと水分や塩分が体内から失われ、体液のバランスがくずれて、けいれんを起こしたり、気を失ったりといった、体の不調が起こってしまうのです。

熱中症の症状は大きく分けて、軽いものから重いものまで4つに分けられます。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧