未病のサインを見逃さない!病気になる前から予防しよう

タグ: , , 2019/10/13

 今日は未病(みびょう)についてお話します。


病気は、ある日突然発症するわけではありません。

土にまいた種が芽を出し花を咲かすように、じわじわと成長していくものです。多くの人は体調が悪くなったり、健康診断で異常が発見されたことをきっかけに、はじめて病院へ受診します。

しかし、その時点ではすでに病気が進行している場合もあり、「もっと早くに受診しておけば良かった」と後悔することも少なくありません。

東洋医学でいう「未病」は、文字通り「未だ病気ではない」という意味です。

病気ではないけれど「病気へ向かって進んでいる」、「病気になる危険性が高まっている」という状態だと考えればいいでしょう。土にまかれた種から芽は出たものの、まだどんな花が咲くかわからない段階です。

確かなのは、このまま時間が経てば間違いなく「病気」という花が満開になるということです。

「私は毎年、人間ドックを受けているので大丈夫です」

という人もいるかもしれません。しかし、現代の医療では、検査結果によって「病気か健康か」という白黒(白黒に傍点)が判定されます。

グレーゾーンとなる未病には、まったく目が向けられていないのです。

だから、限りなく黒に近いグレーであっても、人間ドックでは「異常なし」と判定されることになってしまうのです。グレーは、やがては黒になります。

人間ドックでは異常なしだったのに、数ヶ月後に深刻な病気が発病したという人がいるのは、そういう理由です。未病という考え方を積極的に取り入れ、その時点で進行を防ぐための対策をとれば、病気はもっと少なくなるはずです。

・合わせて読みたい→
がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」(https://cocokara-next.com/stress/cancer-prevention-should-protect/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧