運転に最適化された常用メガネレンズとは

タグ: , , , 2020/7/16

[文:高田眼鏡店 | 最高技術のオーダーメード眼鏡。処方箋も取扱(https://www.takata-optical.co.jp/)]

 陽気も良くなり過ごしやすい季節となってきました。

皆さんは山に出掛けますか?海に出掛けますか?その時の移動手段は電車ですか?バスですか?それともご自身で車の運転ですか?





ご自身で運転される方に朗報です。

運転に最適化されたメガネレンズというのがありますがご存じでしょうか?

車の運転は神経も使いますし目から様々なインフォメーションも入りますしストレスが溜まります。

楽しいはずの遠出が運転中の目のストレスでイライラして気まずくなってしまったなどと言う事が誰でも一度はあるのではないでしょうか。

運転中の目のストレスを最小限に抑えれば、イライラも解消され楽しいドライブが出来るのではないでしょうか。


私たちは運転中に道路ばかりを見ているわけではなく、カーナビやサイドミラー、バックミラーの間を行き来させ、目を酷使しています。良い視界の確保は安全運転の必須条件です。悪天候や薄暗い環境では、ものが見えにくくなることがよくあります。また、ぎらつき(対向車のヘッドライト、外灯の光、濡れた路面の乱反射)も目のストレスとなります。

このような悪条件を解消し運転に特化せず日常の装用にも適したレンズを紹介します。

このレンズには単焦点レンズと遠近両用レンズが用意され、ご自身の視力に応じて選択が出来ます。

【反射を減らし、距離感の認識をサポートします。】

特殊なコーティングにより従来の高品質コーティングに比べ最大で64%のグレアを軽減し、目のくらみ、反射光が誘発するストレスを軽減します。
これにより距離や交通状況を素早く把握することをサポートし、夜間の視界を改善し、不快な乱反射を減らし様々な対象物に対して楽に焦点を合わせられます。

【日中、明け方や夕暮れ時、また夜間でも常によい視界を。】

私たちの瞳孔サイズは一日の間に変化します。周囲が明るければ明るいほど瞳孔は小さくなり、暗ければ暗いほど大きくなります。従来のレンズでは瞳孔サイズの変化を反映させていませんでした。

このレンズは薄暗い環境で運転する時に、拡張した瞳孔の直径を考慮しているという優れた特徴があります。これによりコントラストを向上させ、悪天候の視界を改善し、特に遠近両用レンズについては、レンズ周辺部分の歪みを軽減します。

その結果、優れた視界が得られ、夜間、雨、霧、雪といった厳しい運転状況でも距離を正確に把握する事ができます。

・今すぐ読みたい→
メガネの曇りが気になる方に・・・曇り防止のコーティングがされ、眼の健康を守ってくれるレンズとは? https://cocokara-next.com/lifestyle/lens-that-maintain-eye-health/

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧