あなたもあてはまる?日本人に多い「3大歯並び」コンプレックスとは

タグ: , , 2020/2/6

[記事提供:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

 「目をもっと大きくしたい!」「鼻を高くしたい」など、お顔の悩みは誰にでもあることでしょう。

お顔の印象はお顔下半分で決まると言われており、なかでも「歯並び」はお顔の印象を大きく左右します。

特に日本では、ほか先進国に比べて子供のうちに歯並びを整えることへの関心が低いと言われており、大人になってから歯並びをコンプレックスに感じられる方が少なくありません。

今回は、お悩みとして多い歯並びのパターンと、コンプレックスを解消する「大人の歯並び治療」について詳しくご紹介したいと思います。

日本人は顎が小さく歯並びが悪くなりやすい


日本人はもともと顎が小さいため、歯列がうまく収まらずに歯並びが悪くなりやすいと言えます。

また、もともとは歯並びがキレイでも、生活習慣によって歯並びが悪くなることもあります。

例えば悪い姿勢や爪や唇をかむ癖などは、歯並びを悪くするといわれています。そのほか親知らずが残っていたり歯ぎしりの癖がある場合も、歯が動いて歯並びが徐々に変わってくることがあります。

もともと歯並びが悪くなりやすい性質にプラスして、噛み合わせの変化や生活習慣などにより歯並びが徐々に悪くなるケースも珍しくありません。

・今すぐ読みたい→
芸能人にも多いガミースマイル!原因と治療法を徹底解説(https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-and-treatment-of-gummy-smile/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧