歯の神経を残しておくとキケンなケースも?歯科医師が教える神経の処置事情とは

タグ: , , 2020/7/24

[文:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

 ホワイトホワイト審美歯科医師の石井です。

皆さんの中には歯を削ることに抵抗感があったり、神経を抜く治療に不安がある方もいらっしゃるかと思います。

特に歯の神経の治療は基礎工事的な治療となるため、患者さまからすると分かりづらい部分も多いかもしれません。

しかし、歯の神経の治療をすることは、治療の幅を広げる・被せ物の寿命を長くする・治療完了後に快適に過ごせることにつながります。

今回は、歯科医師の目線から初めて神経を抜くケースに着目して、詳しく解説していきたいと思います。
(神経の治療の中でも抜髄と呼ばれる治療法のご紹介です。神経の再治療や歯周炎治療について今回は割愛させて頂きます。)





歯の神経の処置が必要なケースとは

①虫歯が深くまで広がっているケース


歯の中心部分には、歯の神経の入っているスペースがあります。

虫歯が大きく広がって、この神経入っているスペースに虫歯が達してしまったり、近くまで虫歯が到達している場合、冷たい物がしみたり何もしなくても痛いといった症状が出ます。

虫歯が歯の神経の入っているスペース近くまで到達している場合、お痛みを取り除くためにも神経の治療が必要になります。

②歯の大きさや傾きを大きく変えたいケース

歯の大きさや傾きを変えてセラミック矯正などの審美的な治療をする場合、あらかじめ神経の処置をすることがあります。

神経を残して治療する場合は、変えられる歯の傾き具合などに限度があるため、治療の幅を広げるために便宜的に神経の治療を行います。

③知覚過敏の症状がひどい場合

知覚過敏の症状がひどく、冷たい物がしみたり何もしなくてもお痛みがある場合、神経の処置をすることがあります。

神経によって歯の痛みを感じるので、神経を抜くことで知覚過敏を改善することができます。

・今すぐ読みたい→
季節の変わり目は気をつけよう!免疫力とウイルス感染症について(https://cocokara-next.com/stress/immunity-and-viral-infections/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧