美人は得ですか?恋愛はやっぱり顔ですか?

タグ: , , 2020/4/10

[記事提供:一悟術|自分を縛りつけているものから解放され、思い描いた人生を生きる道(https://www.ichigojyutsu.com/)]

 老若男女を問わず、自分の顔に満足している人はどれくらいいるのでしょうか。

生まれた時はそんなことは思いもしないでしょうが、いつの頃から自分と他者を比較して自分は可愛いくないとか、不細工だとか、自分は損だとか、自己否定に向かうのでしょうか。

かく言う私も歯並びが悪い、ド近眼の眼鏡、もちろん顔に自信なく、姿勢も猫背、そのような自分の容姿を受け入れづらかった時期がありました。

親も私も気にしていた歯並びは、小学校高学年から歯列矯正をし始め、途中挫折もありながら30代後半でようやく終了しています。

年齢を経ることで受け入れる度合いは増えましたが、アラフィフになった今でも見目麗しい人に会うといささかのうらやましさや嫉妬心は湧いてきます。

美人は得ですか?恋愛はやっぱり顔ですか?

今回はこの問題を考えてみました。

人生を半分は生きたアラフィフから20代30代の女性へメッセージを、そんなイメージで書いてみました。

どうぞご覧ください。

・今すぐ読みたい→
横顔美人の条件!美しいEラインを手に入れよう https://cocokara-next.com/lifestyle/get-a-beautiful-e-line/





人生や恋愛は顔だと思う人は多い

マイナビウーマンの調査結果(2017年2月、22~34歳の男女357人)を見てみましょう。

男女とも顔への意識が高いですね。

Q.世の中、結局は顔が大事だと思いますか?
A.
男性:思う73.0%、思わない27.0%
女性:思う87.9%、思わない15.1%

Q.顔の重要性を一番感じるのはどんなときですか?
A.
男性:恋愛(61.6%)、仕事(22.7%)、恋愛以外のプライベート(5.9%)
女性:恋愛(65.1%)、仕事(18.0%)、恋愛以外のプライベート(7.6%)

出典「マイナビウーマン調べ」

美人とは


20代から30代の男女で、人生も恋愛も顔が重要だと思っている人は多いですね。

言い換えると「美人は得」ということでしょう。

それでは、美人かどうかはどこで決まるのでしょうか。

多くの人が美しいと認めるのは、顔のパーツの配置バランスが良い顔です。

ひとつひとつのパーツが良くても配置バランスが良くないと美人とは感じられないようです。

この配置を顔の黄金比といったりします。

メイクをする時に黄金比に近づくようにするとより整った美しい顔に見えます。

また、顔の他にもうひとつ目を引くところがあります。

それは、体のバランスの美しさ。

バスト、ウエスト、ヒップのバランスでボンキュッボンなんていわれます。

以上が彼候補の目が最初に向けられるポイントですね。

美人の損得

得だと思われる面

・第一印象が良い
・失敗しても許される
・モテる
・ファッション、メイクに困らない
・周囲から優しくされる など

損だと思われる面

・嫉妬される
・期待される
・近寄りがたく思われる
・セクハラ、痴漢、ストーカーにあいそう
・能力より容姿を評価される など

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧