営業や会議、交渉の場でも必ず役立つ話し方「右肩上がりの言葉数」とは?

タグ: , , , , 2021/8/29

[文:桑名涼子オフィシャルサイト|司会者|トーク診断士|タレント(http://ryoko-kuwana.net)]

 あなたはよくしゃべる方ですか、それとも口数が少ないほうですか?

よくしゃべる人はいつもよくしゃべり、あまりしゃべらない人はいつもあまりしゃべらず、ほとんどの場合、パターン化されているんですね。

・今すぐ読みたい→
令和を生きる女性のシゴト観を考える。男性に求めるのは「3高」から「4低」へ?! https://cocokara-next.com/lifestyle/womens-view-of-work-in-reiwa/


しゃべっているほうが楽しいか、聞いているほうが楽か。

多くの場合、二分化されています。

ですが、どちらのタイプの方も無理をすることなく、いつどんな場でも、好感を持たれるしゃべり方があります。

それが「右肩上がりの言葉数」です。

今日は、この『しゃべり方』をご紹介しましょう。

人が誰かと話をして「楽しかった」と感じるのは、自分自身が興味のあることを自分がしゃべったときです。

「自分自身が興味のあること」を「自分がしゃべったとき」というところがポイントです。

逆に人との会話で「つまらない」と感じるのは、「興味のない話を延々と聞かされる」ときです。

そんなこと誰もが当たり前だと思っているのに、「相手が自分の話に興味がない」ということにまったく気づかず、延々としゃべっている人は結構いるものです。

会話をしていて「あーあ、早く終わらないかな」なんて思われているのは、寂しいもの。

でも、大丈夫。

「右肩上がりの言葉数」をマスターすれば、絶対にそんなふうには思われないどころか、ファンが増えていきます。





まずは「相手が興味のあること」「相手が得意なこと」を引き出し、最初は、聞き役に徹して、口数少なくじっくりと相手の話を聞きます。

「相手が興味のあること」「相手にしゃべってもらう」

ただ、それだけです。

自分が興味のあることですから、当然、相手は話していていることが楽しく、いい気分になります。

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧