肺がんは喫煙者だけがなる病気ではありません

タグ: , , , 2022/8/19

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 「肺がん」と聞くとタバコを吸っている人がなる病気だというイメージがある方が多いのではないでしょうか?

日本で喫煙率のピークは1965年の昭和40年頃と言われています。

当時の喫煙率は80%ぐらいありましたが、今は20%を切っています。

【関連記事】「喫煙」による金銭と時間の浪費について





タバコを吸う人は年々確実に減っているのに、肺がんになる人は確実に増えている。

つまり今、肺がんになるのはタバコを吸っていない人がほとんどと言えます。

もちろん喫煙ががんに対して悪影響を及ぼすことは間違いないのですが、肺がんの原因が喫煙とは限らず、タバコを吸ったことがない人でも肺がんになる可能性は十分にあります。

年齢でみると、肺がんの患者数や死亡者数は、40代後半から増え始め、高齢になるほど多くなります。

また、患者数は男性のほうが女性より2倍多いと言われています。

「ストレス」新着記事

  • ストレス

    たばこの中毒を断ち切る信条

    2022.09.29 ストレス
  • ストレス

    糖尿病予備群の方も要注意!知っておきたい糖尿病の合併症

    2022.09.28 ストレス
  • ストレス

    若者に蔓延している「SNSうつ」とは

    2022.09.24 ストレス

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧