その症状、冷房病かも?症状や対処法とは

タグ: , 2020/8/1

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 夏になると誰もが利用するのが冷房。

暑い中、冷房の効いた室内に入ると涼しくて気持ちいいですよね。

しかし、ついつい冷房を効かせすぎてしまうと 体調不良の原因になることも・・・。

今回は、冷房病の対処法についてご紹介します。

冷房と上手に付き合いながら、快適な生活を送りましょう。





冷房病でおこる主な症状

体の冷え、だるさ、頭痛、食欲不振、腹痛、下痢、肩こり、不眠、便秘、生理不順 など

冷房病の対処法とは?


冷房の標準の設定温度は25℃~28℃が良いとされていますが、人によって体感温度は異なり「寒い」と感じない温度が基本の温度だと言われています。

部屋を冷やしすぎず、冷気から体を守りましょう。

屋外やオフィスなどの自分で温度を調整できない場所では、靴下や腹巻をしたり、カーディガンを羽織るなどして寒さから身を守りましょう。

特に冷えやすい方は、腹部を温めると体の温度が上昇しやすいため、腹巻を利用すると良いと言われています。

・今すぐ読みたい→
その不調の原因、「自律神経の乱れ」かも?!意外に知らない自律神経の大切な話 https://cocokara-next.com/stress/autonomic-nervous-disturbance/

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧