自律神経失調、うつ病、パニック障害の違いとは?

タグ: , , , 2019/11/27

[記事提供:温春健心|健心鍼灸治療院(https://kanamati-shinkyu-seitai.com)]

はじめに

 皆さん、自律神経失調、うつ病、パニック障害の違いわかりますか?

いざ聞かれると、明確には答えられない方が多いのでは。

症状や原因は似ていますが、どのように区別、判別しているかみていきましょう。

・合わせて読みたい→
人間関係に疲れてしまったあなたに…「2.6.2の法則」とは!?(https://cocokara-next.com/stress/2-6-2-rule/)

自律神経失調症とは


自律神経失調症は、実は正式な病名ではありません。国際的な診断基準では自律神経失調症の病名はなく、あくまで「自律神経症状が認められている状態」のことをさしています。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、機能が亢進する、あるいは機能が低下することでおこります。

日本心身医学会の定義によると、「自律神経失調症とは、種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」とされています。

つまり、自律神経のバランスがくずれ、自律神経症状が生じている。検査でも、はっきりとした異常が認められないもの。

精神疾患が認められないときには、自律神経失調症と診断されるケースが多いようです。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧