実は女性もなりやすい!痔の予防に役立つ食事と生活習慣のポイント

タグ: , , , 2019/10/28

 痔は男性がかかりやすいというイメージがありますが、実は女性にもよくみられる病気です。症状により「いぼ痔」・「切れ痔」・「痔ろう」の3種類に分けられ、その中でも若い女性に多く見られるのが「切れ痔」。恥ずかしくて病院に行けないという人も多いかもしれませんが、慢性化する前に、異常を感じたらすぐに対処する必要があります。

切れ痔とは

肛門の出口付近が裂けてしまう痔。肛門の皮膚には痛覚があり、強い痛みを伴います。

排便時の出血で切れ痔になったと気付く人が多いですが、出血がなくても痛みを感じるか、排便に時間がかかるなら切れ痔予備軍になっている可能性があります。

切れ痔の原因


便秘
切れ痔の原因の20%は便秘によるもの。便が硬くなると排泄されづらくなり、無理に出そうとするときに肛門を覆う皮膚が裂けて切れ痔になります。特に若い女性のなかには便秘に悩む人が多く、注意が必要です。

下痢
発生原因の5%は下痢とされており、切れ痔と便の状態には深い関わりがあることが分かります。

ポリープや湿疹など
ポリープなどによる刺激、湿疹や性器カンジダ症のかゆみによって無意識に肛門周囲を掻いて傷つけている場合があります。

一度切れ痔になってしまうと、強い痛みを避けるために排便を我慢し、さらに便秘になり、排便時にまた切れ痔を引き起こすという悪循環に陥ります。

切れ痔が慢性化してしまうと、肛門周囲の皮膚のたるみである「見張りいぼ」やポリープができたり、肛門が狭くなって便を出しにくくなったりするケースもあり、症状の軽いうちに治療することが大切です。

・合わせて読みたい→
便秘解消に効果的!2つの行動(https://cocokara-next.com/lifestyle/effective-action-to-eliminate-constipation/)

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧