そのニキビ、原因はストレスかも!?大人ニキビの原因と対策

タグ: , 2019/4/9

 大人には大人のニキビ事情があると言われ、ストレスが大きな要因となっていることもあるようです。そこで今回は、大人のニキビ事情とその対策についてまとめてみました!

同じニキビでもこんなに違う?思春期ニキビと大人ニキビ


 毛穴に皮脂や角質が詰まることで生じるニキビ(「吹き出物」も症状は同じです)。しかし同じ症状であっても、年齢によってその発症するメカニズムが異なります。

 まず、主に10代で発生することが多い、いわゆる思春期ニキビについて。

 この原因は、成長ホルモンの活発な分泌により、皮脂の量が増えるためです。増えすぎた皮脂が毛穴から排出されずに残ってしまい、そこに古くなった角質が付着するなどして毛穴が詰まることで、ニキビが生じてしまいます。もっとも、思春期ニキビは成長ホルモンと関係するので、年齢を重ねるにつれて成長ホルモンの分泌がおさまれば、自然におさまってくると考えられます。

 次に、20代以降の人に発症する大人ニキビについてです。

 実は、思春期ニキビにおける成長ホルモンのようなハッキリした原因は、大人ニキビにはありません。

 ただ、思春期ニキビでの問題が皮脂の過剰分泌であるのに対し、大人ニキビは皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れ、古い角質が残りがちになってしまうことの方が問題と考えられます。そのため、ニキビができる場所も、微妙に異なります。思春期ニキビが、顔のTゾーンなど皮脂腺が多い場所にできがちなのに対し、大人ニキビは顎やフェイスライン、首筋にできる傾向があります。

 さて、大人ニキビを発症させる、皮膚のターンオーバーを乱す原因は様々であり、食生活や睡眠、そして、日々のストレスがそのきっかけになるのです!

なぜストレスからニキビに?そのメカニズム

 過度のストレスは自律神経を乱してしまいますが、その影響は皮膚にも及びます。ストレスによって、主に緊張状態に反応するための交感神経が優位になると、男性ホルモンの一種であるアンドロゲンが多く分泌されるようになります(男性だけでなく、女性でもです!)。
アンドロゲンは、毛穴からの皮脂の分泌を促すとともに、皮膚の角化を進める作用があるとされ、その結果、皮脂に角質が詰まりやすくなり、ニキビになってしまうというものです。

 また、ストレスによって交感神経が優位になり、身体の緊張状態が続くと、眠れなくなったり、睡眠の質が下がったりしてしまいます。通常、皮膚のターンオーバーは、深い眠りのノンレム睡眠時に行われているとされ、睡眠の乱れがそれを妨げてしまいます。加えて、交感神経の優位が必要以上に続くと、腸の働きに悪影響が出てきます。

 腸の働きは、交感神経よりも副交感神経が優位な状況の下で活発になるとされ、また睡眠不足にも影響を受けます。腸の活発な働きが妨げられると、便秘になり、栄養の吸収がうまくいかなくなり、身体の老廃物が排出されにくくなるために、ニキビができやすい状態になってしまうのです!

・合わせて読みたい→
人間関係だけではない 意外に気づかないストレス要因とは(https://cocokara-next.com/stress/stress-factors-unaware/)

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧