【更年期障害】症状を和らげるカギは自律神経

タグ: , , 2020/3/15

[記事提供:JITANBODY 整体院(時短ボディ)(http://jitanbody.com/)]

更年期障害の症状はみんな違う

 閉経の平均年齢は50歳ですが、この前後10年を更年期と呼びます。

卵巣から分泌される女性ホルモンは40代から低下が始まります。これにともなって様々な症状が現れるのが更年期障害です。

個人差はありますが40歳を超えてから更年期障害になる人もいると言われています。

しかし、更年期障害はすべての女性がなるとは限りません。

症状の出方は人それぞれで毎日、不調で嫌な思いをされる方もいれば不調を感じずに過ごせる方もいます。





更年期障害の主な症状は


ほてりやのぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、めまい、耳鳴り、頭痛、動機、イライラ、不安、不眠、疲労感、関節痛など多種多様な症状が起きます。

しかし、これらの症状が該当するからといって更年期障害と決めつけないようにしてください。

他の病気を発症していてもこのような症状をきたすことはあります。

一度、医療機関を受診することをお勧めします。

・今すぐ読みたい→
女性患者も増加中!睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気? https://cocokara-next.com/stress/what-is-sleep-apnea-syndrome/

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧