思考のクセを見直して、ストレスから身を守ろう

タグ: , 2022/9/13

 「ストレス社会」とも言われるほど、何かとストレスの多い現代。仕事の忙しさ、人間関係、健康や家族に関する悩みなど、ストレスの原因はさまざまです。そんな中、少しでもストレスの影響を減らせるといいですよね。

ストレスを受けやすい「思考のクセ」があることをご存じでしょうか。思考のクセを見直すと、ストレスから身を守りやすくなると言われています。今回は思考のクセと、見直し方のコツについて解説します。

【関連記事】最近笑ってますか?「笑い」の健康効果とは





思考のクセについて知ろう

思考のクセとは?
同じ出来事が起きたときに、いつまでも落ち込み続けて何も手につかなくなってしまう人もいれば、すぐに気持ちを切り替えて行動できる人もいるかと思います。

このように、ヒトは自分の経験や環境で身に付けていった、決まった考え方のパターン=「思考のクセ」があり、その思考のクセにより感情や行動が影響されていると考えられています。

この思考のクセが、極端なとらえ方であったり、飛躍的な解釈であったりすると、ストレスが大きくなってしまうと言われています。

思考のクセの例
・取引は成立したのに、「期待の値段ではなかった」と自分を責める
→白黒つけないと気がすまない、非効率なまで完璧を求める

・ひとつうまくいかないと、「自分は何ひとつ仕事が出来ない」と考える
→わずかな出来事から広範囲のことを結論づけてしまう

・取引先から一日連絡がないので、「嫌われた」と思いこむ
→証拠もないのにネガティブな結論を引き出す

このように考えてしまう場面はありませんか?

このような自分の思考のクセに気づき、現実的で柔軟な考え方に変化させていくことで、ストレスを軽くできると考えられています。

思考のクセの見直し方
先ほどの例も以下のように考えてみると、気持ちがラクに過ごせるかもしれません。

・取引は成立したのに、「期待の値段ではなかった」と自分を責める
→「期待の値段ではなかったが、取引が無事に成立したことが一番の成果。」
と、完璧でなくても自分を肯定する。

・ひとつうまくいかないと、「自分は何ひとつ仕事が出来ない」と考える
→「今回はうまくいかなかったが、仕方がない。原因と対策を考えよう。」
と、気持ちを切り替える。

・取引先から一日連絡がないので、「嫌われた」と思いこむ
→「今日は忙しかったのかもしれない。忘れているだけかもしれないので、タイミングを見て連絡してみよう」
と、別の角度から視点を持ってみる。

ポジティブで悩みのない人間になろう!というわけではありません。思考のクセを変えることは自分を大切にし、ストレスから身を守る手段のひとつとなります。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧