臨床心理士が語る「ニュースを見る時間を減らすべき」理由とは

タグ: , , 2020/8/18

 日に日に感染者が増していく、新型コロナウイルスによる感染拡大。

 政府からの緊急事態宣言を受け、外出の自粛や行動範囲の制限など、普段の生活が大きく変化していく日々の中で、不安を感じる人や「コロナうつ」と呼ばれるうつ状態に陥る人も多い。

 そんな中、東京中央カウンセリングの代表で臨床心理士・公認心理師の塚越友子さんは、不安やコロナ鬱状態を回避するための方法の一つとして、「ニュースを見る時間を決めること」を挙げている。


 塚越さんによると、まず第一に、私たちにはポジティブなことよりもネガティブなことに注目する「ネガティビティバイアス」という認知の偏りがあり、一度ネガティブな情報に心が支配されると、仕事、人間関係、健康、幸福に有害な影響を及ぼしてしまうという。

 そこで、ネガティブな情報によって、混乱した気持ちから回復するためには、一定期間ネガティブな刺激のない状態が必要なのだ。

 そのための方法の1つとして、心の回復のために、ニュースで情報を得るのは朝・夜の2回など決めてしまうことが大切だという。

 そして次に、ネガティブになりすぎて、不安が高まりすぎると、その不安を抑えようと、今度は「正常性バイアス」を機能させ、たいしたことないとリスク評価を過小にするという。正常性バイアスが働くと、皆、銀座・歌舞伎町にはいかないけど、近所の商店街ならいいかと外出してしまうことに繋がっていく。





・今すぐ読みたい→
リモートワーク時の運動不足解消!自宅にいながらすぐできる運動5つ https://cocokara-next.com/fitness/exercise-that-you-can-do-right-from-home/

「ストレス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧