不妊治療によるストレス増加やうつを未然に防ごう

タグ: , , 2019/2/27

 不妊治療の大変さは女性である妻にしかわからいので、辛い気持ちになるのは自然なこと。治療のストレスを少しでも和らげるために気持ちを解放してあげる生活習慣を取り入れてください。また精神的に辛すぎる場合はとにかく休息をとるように。

・合わせて読みたい→
挨拶しても無視する人がいる場合、どうしますか?(https://cocokara-next.com/stress/greeting-importance/)


 不妊治療は時に辛く、ストレスをたくさん受けてしまうものです。そのストレスに早めに気付き、うつ症状を未然に防ぐことが大切です。ストレスが多いとき、身体や心には何らかのサインが出ているものです。

 真剣に取り組んでいる分、不妊治療中につらい気持ちになることは、自然なことです。ここでは、不妊治療によるストレスを軽減させ、うつ症状を防ぐための方法3つをご紹介します。

不妊治療一色の生活にしないこと
 不妊治療中だからといって、日常生活を不妊治療一色にする必要はありません。自分の趣味を楽しむ、友達やパートナーと出かける時間も取り入れてください。

 不妊治療の事をいったん忘れ、思いっきりリフレッシュしましょう。オンとオフのある生活を意識的に送ることで、不妊治療からくるストレスも軽減されやすくなるでしょう。

よく話して理解し合う
 親しい間柄であれば、何も話さなくても分かりあえるという考え方もありますが、言いたい事があるのに胸にしまったままだと、どんどん心に負担が掛かっていきます。考えている事や伝えたい事は、できるだけ言葉で伝えるようにしましょう。

 ただし、伝え方が大事です。責めるように話すのではなく、「私の意見は~だけど」や、「私は~感じる」などと言ってあげると、相手を傷つけずに話しあう事ができます。

 うまく話せるか不安な人は、手紙で伝えるのも良いでしょう。口頭で伝えるのとは違い、手紙なら冷静に言葉を選べます。感情的になって「言い過ぎた!」というようなストレスもありません。

日記をつける
 気が向いた時には日記をつけてみるといいでしょう。そこにはネガティブな事もポジティブな事も、何でも自由に書いていいのです。どんな事を書こうと誰にも害はありません。

 モヤモヤした気持ちや鬱憤を日記に吐きだす事により、感情も整理され、心が落ち着いてくるはずです。書く事によって自分のストレスパターンややりたい事も明確になり、ストレスへの対処もしやすくなるかもしれません。PCに無心に書き出し、後に一気に削除する方法もスッキリして効果的ですよ。

ストレスフルな不妊治療の実態

 不妊治療を続けていく中で、あまりにもストレスフルな日々が続き、うつ病と診断されてしまうケースもあります。うつ病では突然涙が出てくる、落ち込んで無気力になってしまう人が多いですが、医療機関に駆け込まず、一人で悩んで、うつ症状を悪化させる人たちも実は多いのです!

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧