足底腱膜炎という症状をご存知ですか?

タグ: , 2020/5/9

[記事提供:オクノクリニック | モヤモヤ血管による慢性痛治療(https://okuno-y-clinic.com)]

Q:かかとの痛みで病院に行ったら足底腱膜炎と言われました。

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)は、かかとの痛みの原因としては最も頻度の高いものです。つま先から踵(かかと)まで足の裏を縦に走っている足底腱膜という分厚い膜があるのですが、その膜が踵にくっつくところ(付着部と言います)における炎症です。朝の起床時に立ち上がりの最初の一歩で踵をついた際に強く痛みが出ることが特徴です。中高年の女性に多く見られます。若い男性のアスリートにも時折見られます。

一般的にはリハビリやインソール、痛み止めなどで対処することで改善することが多いですが一部では治りにくく、体外衝撃波治療や手術などを受けている人もいます。

・今すぐ読みたい→
五十肩になってしまう原因の動作は毎日の○○?!(https://cocokara-next.com/fitness/cause-of-frozen-shoulder/)





Q:足底腱膜炎の症状にはどんなものがありますか?

朝の起床時に床にかかとをついた際に鋭い痛みを感じる人が多いです。痛みの発生源となるのはかかとのやや内側よりやや前方の部分です。起床後は動かすにつれて痛みは弱まることが多く、朝の支度をしているうちに忘れてしまうということもあります。しかし日中に椅子などに長く座った後に立ち上がった時には再び症状を感じることがあります。

初期のころは運動中に痛いことはあまりなく、運動後に痛みが強くなることが一般的です。

Q:足底腱膜炎はなぜ起きるのですか?原因は何ですか?どのような負担がかかるとなりやすいなどあれば教えてください。


足底腱膜は踵とつま先の間に弦のように張っており、衝撃吸収をしているとされています。ランニングや体重増加などで足底腱膜に多くの負担がかかると、かかとの付近で小さな損傷が起きます。損傷がすぐに治癒すれば症状は起きませんが、年齢を重ねると治癒が遅れて治りきらない状態になります。傷が生じると生体の反応として血管を増やしますが、血管と神経は対になって一緒に増える性質があるため、足底腱膜のかかとの部分には普段は認めないような異常な血管と神経が増加して過敏な状態になり、するどい痛みの原因となってしまいます。

足底腱膜炎のリスク因子(この項目が当てはまると足底腱膜炎になりやすい)としては

1.年齢 40歳から60歳がもっともなりやすいです。
2.ランニング、バレエダンス、エアロビクスなどの負担
3.偏平足もしくは反対にハイアーチ(土ふまずが高すぎる)
4.肥満
5.硬い地面に立ち続ける仕事内容(工場労働や教師など)

などがあります。

Q:かかとが半年以上痛く、足底腱膜炎だと思いますがなかなか治りません。重症なのでしょうか?どれくらいの期間で治りますか?

足底腱膜炎は自然に改善する人もいますが、一部の人ではなかなか治りにくい難治性足底腱膜炎となることがあります。難治性の方は1年以上、あるいは数年単位で痛みが続きます。適切な治療をすれば改善しますが未だに不適切な治療が繰り返されているケースもあり、なかなか治らないで困っている方が多いのも現状です。

前述したように足底腱膜炎では異常な血管と神経が一緒になって増えているので、それに対処することで確実に改善できます。詳しくはこのページの最後の方もご覧ください。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧