「PTPS」という症状をご存知ですか?

タグ: , , 2020/7/27

[文:オクノクリニック | モヤモヤ血管による慢性痛治療(https://okuno-y-clinic.com)]

Q:肺がんの胸腔鏡手術をした後に、胸の手術の傷のところやその周辺にチクチクした痛み、不快感が続いています。もう1年以上経過します。改善しないのですが、何かの病気でしょうか?

胸腔鏡手術の傷に関連した術後痛は、専門的には「開胸術後疼痛症候群(PTPS)」と呼ばれます。肺がんや食道がん、または心臓の手術などで開胸手術を受けたあとに痛みや不快感が生じます。発生頻度は25%から50%と報告にばらつきがあります。症状は開胸手術のキズ(創部)の周辺が痛み、うずき、ピリピリした感覚、締め付けられるような感覚、などを訴える方が多いです。

一般的な治療法は、内服薬などが処方されますが、効果はあまり高くありません。

最近になって傷跡に生じた異常な血管を標的とした新しい治療が応用されています。詳しく知りたい方は、このページの後半もご覧ください。





Q:心臓の病気で開胸手術を受けたあとに、あばらの痛みがあります。術後1年と5カ月くらいで少し和らいだのですが、その後は変わりません。開胸術後疼痛症候群(PTPS)と診断されました。原因は何ですか?


開胸術後疼痛症候群(PTPS)の原因は、開胸手術中の胸壁、壁側胸膜へのダメージによって慢性的な炎症が生じて痛みが出ている、あるいは肋間神経が手術で損傷されることによる神経障害性疼痛と考えられています。

また手術自体は身体にダメージを加えることなので、それに反応して炎症が起きてしまうことがあり得ます。最近ではそのような炎症部位には、手術の傷の周囲に異常な血管が増えてしまっており、これと神経が一緒に増えることで治りにくい痛みが生じていると考えられています。

特に50代など若い女性の方が手術を受けた時になりやすいとされています。

リスク因子(これが当てはまると、開胸術後疼痛症候群(PTPS)になりやすい)としては、

・女性
・60歳未満
・不安障害やうつ病
・術後1日目から強い痛み
・手術による肋間神経の損傷

上記が挙げられています。これらの要因があると、PTPSになりやすいようです。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧