20歳のころから体重どれくらい変わった? 10キロ増は、生活習慣病のリスク

タグ: , , 2020/7/18

[記事提供:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 皆様は、20歳の頃から体重に大きな変化はありますか?

20歳のときから10キロ以上太った人の9割超が、生活習慣病のリスクが高い状態にあるということが、健康保険組合の連合会(健保連)のデータ分析からわかりました。





健保連は、健保組合に入る40~74歳の約340万人の2015年の特定健診データを分析。

問診で20歳の時の体重から10キロ以上増加していると答えた人は約109万人いました。

体重増加が大きいほど、糖尿病の発症リスクが高まります。

6キロで2.3倍以上、10キロ以上増なら3倍以上にまで高まります。


体重増加の原因は、ほとんどが皮下脂肪です。

脂肪といっても、皮膚の下にあってつまむことができる皮下脂肪と、お腹の内側にたまっている内臓脂肪があります。

つまり、体重が20歳の頃と比べて増加している場合は、皮下脂肪がついている可能性が高いということです。

お腹で増えていく脂肪を放し飼いにして、知らず知らずのうちに動脈硬化を加速させています。

動脈硬化とは、わかりやすくいえば血管の老化です。

血管も年齢と同じように傷つき、弱り、しなやかさも低下します。

しかし目に見えないため、ほとんどの人が血管の老化に気付かず放置してしまいます。

その結果、血液の通り道が狭くなったり血栓ができて、つまってしまいある日突然、心筋梗塞や脳卒中といった重大な病気を引き起こしてしまいます。

・今すぐ読みたい→
その不調の原因、「自律神経の乱れ」かも?!意外に知らない自律神経の大切な話 https://cocokara-next.com/stress/autonomic-nervous-disturbance/

「ストレス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧