年齢とともに疲れが抜けづらくなるのはなぜ?

タグ: , , 2019/12/2

 「もう、歳かなぁ~。最近疲れが抜けなくなってきたよ。」


 私も40を過ぎているので、友達からこんな言葉を良く聞くようになりました。若い時はどんなに疲れていても、一晩寝れば疲れなんてすっ飛んでいましたが、この歳になると、そうもいきません。

 年齢とともに、疲れが抜けづらくなるのは自然界の摂理としてしょうが無いことですが、身体の不調から起こっている場合もあります。

 東洋医学的に良く見かけるのは「肝」の不調です。現代社会において過剰なストレスや過剰な労働は「肝」に大きな負担をかけます。また、飲食の不摂生でも「肝」に負担がかかります。結果として「肝」の機能が低下し、疲れが抜けないということになります。

・今すぐ読みたい→
40代に入ったら要注意!カラダが硬い人が考えるべき2つのこと(https://cocokara-next.com/lifestyle/things-to-think-about-if-you-have-stiff-body/)

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧