新型コロナ禍に悲鳴 異例の全人代延期・・・グラつき止まらない習近平体制

タグ: , , 2020/2/25

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの発生地となった中国では、いまなお感染拡大が続いている。23日までに感染者は7万6000人、死者は2400人を超えた。そのうちの9割は震源地となった華南水産卸売市場がある湖北省武漢市だ。武漢閉鎖から1カ月を過ぎても終息の兆しは見えない。

感染拡大を招いたことに市民の反発は強まる一方


 1998年以降、毎年3月5日に開かれてきた全国人民代表大会も異例の延期に追い込まれた。企業活動も停滞し、頼みの経済もぐらぐら。憲法を改正し、「終身国家主席」に王手をかけていた習近平国家主席だが、周辺からは悲鳴が上がっている。

「昨年12月下旬には武漢市で原因不明の肺炎患者が急増していたにもかかわらず、公表が先送りにされ、感染拡大を招いたことに市民の反発は強まる一方。初動の遅れへの批判は高まっています。習近平主席ら幹部がマスクを着けて現場視察し、指導にあたる姿が報道されるなど、政府は情報統制に躍起になっています」(在中ジャーナリスト)





中国共産党理論誌「求是」は2月16日発行の最新刊に、習近平主席が2月3日の政治局常務委員会の会議で行った演説全文を掲載。習近平主席が「1月7日の会議で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止策を要求した」と主張した。

中国政府が情報公開するようになったのは、習近平主席が1月20日に「新型コロナウイルスの抑え込み」を指示した後。習近平主席が早くから危機感を持っていたことをアピールする狙いだ。

・今すぐ読みたい→
韓国代表選手団、防護服で東京五輪参加か?加速する東京五輪ネガティブキャンペーン(https://cocokara-next.com/topic/accelerating-tokyo-olympics-negative-campaign-in-korea/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧